ヘアサイクルの仕組み

ネットでおくすり

ヘアサイクルの仕組み

育毛剤を使用して薄毛、抜け毛対策をおこなっている人は多いと思いますが、そもそも髪が生える仕組みを知っているでしょうか?
どんなに良い育毛剤を使用しても、きちんと髪が生える仕組みを理解して正しいケアをおこなわないと、髪の毛を元気に生やすことはできません。
そんな髪が生える仕組みには「ヘアサイクル」というものがあり、一定期間で毛が生え変わる仕組みになっています。
ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」と3段階に分かれており、簡単に説明すると、成長期は髪の毛が伸びている時期、退行期は毛の生成が止まる時期、休止期は古い髪の毛が脱毛していく時期となっています。
一般的に薄毛や抜け毛が進行している人は、成長期が短く、休止期が長いというようにヘアサイクルが乱れている可能性が高いんです。
正常な頭皮環境な人は、成長期は約2〜5年、休止期が約3〜5年の周期で巡ってきますが、ヘアサイクルが乱れると成長期が数ヶ月〜1年とかなり短くなってきます。
成長期が短いということは、それだけ毛が成長する期間が少ないということになりますので、髪の毛が薄くなってきますよね。
成長期が短い原因は、頭皮が血行不良になっていることがほとんどで、毛母細胞に血液が上手く運ばれていないため毛の成長が滞ってしまいます。
そこで血行促進作用のある育毛剤でヘアサイクルを正常に戻すことができるんです
自分のヘアサイクルの状態を知ることができれば、どんな育毛剤を使えば効果的なのかが分かるようになり、適切な頭皮ケアができるようになります。